True Inclusion is Invisible. 「真の共生は目には見えない」 
4月11日ライアンさんの投稿記事
 
In the special needs community we often celebrate and highlight moments of inclusion for people with intellectual disabilities.  We cheer movies or TV shows that are “brave” enough to employ an actor with intellectual disability in a starring role.  We share newspaper articles or videos that highlight when a student with Down syndrome is named Homecoming King or Queen, or scores a touchdown in a high school football game.
特別な支援を必要とする人々の社会では、知的障がい者が共生している瞬間と言うものを祝福し、強調することがよくある。知的障がい者を主要登場人物として採用した映画やテレビ番組を「勇気がある」と応援する。次のような記事が新聞やビデオに出た場合、みんなに知らせます。ダウン症の生徒が学園祭の王様・王女様になった、ダウン症の生徒が高校のフットボールの試合でタッチダウンを決めた。
 
There is good reason for us to do all these things.  It makes the individual with special needs feel good.  It makes us feel good.  It’s fun to celebrate the accomplishments of those for which the opportunity to achieve was, and still too often is, limited by a variety of misperceptions, misunderstandings, or other obstacles.
このような行動を私たちがするのには十分な理由がある。障がいを持った人たちがいい気持ちになる。私たちもいい気持ちになる。このような偉業を祝福することは楽しいことである、というのは達成の機会は昔も、そして今も多くの場合、様々な誤認、誤解、その他の障壁により制限されているからだ。
 
Most often we celebrate these occurrences in the name of inclusion.  For the most part, these sorts of happenings are, or at least feel, inclusive.  Perhaps by definition they are inclusive when you consider that a person who was once not welcome in a certain societal realm now has the opportunity to be celebrated within that realm.
多くの場合、このような出来事を共生の名のもとに祝福する。大部分、このような出来事は、共生的である、あるいは少なくともそう感じられる。ある社会においてはかつては歓迎されなかった人がその社会で今や祝福を受ける機会をもっているということは定義から言っておそらく共生的である。
 
Yet too often I have to admit I find myself feeling as though we improperly define and celebrate inclusion.  Let me be clear, all those sorts of accomplishments I referenced are worth celebrating and recognizing.  But let me ask you, which headline sounds more “inclusive”:
   “Down Syndrome Player Scores Touchdown”
   or
   “Joe Smith Scores Touchdown”
The first headline, is a real headline from a major news outlet. The second, I just put in a fake name.
だが、あまりに多くの場合に共生というものを私たちが誤った定義をし、祝福しているのではないかと感じることが私自身あることを認めなくてはならない。私は言いたい。私が言及したこのような偉業は祝福し認める価値がある。しかし、次の見出しのどちらがより「共生的」ですかと問いたいのです。
「ダウン症の選手がタッチダウンを決める」 「ジョースミスがタッチダウンを決める」
最初の見出しはある大手新聞からの実際のもので、2つめは私が仮名を入れたものです。
 
My hypothesis is that in order for true inclusion to exist, it must be invisible. If an event or an accomplishment is newsworthy because of a medical condition or otherwise outlying factor, it should not be celebrated as inclusion.  It can be celebrated in other ways – perseverance for the athlete who trained so hard for years to be able to run and score a touchdown, or for the opportunity two schools provided to help an individual reach their goal.
私が思うに真の共生が存在するためには、それは目に見えないものでなくてはならない。もしある行事や偉業が健康状態や主旨とははずれた要因により記事になるとしたら、それは共生として祝福されるべきではない。それは走ってタッチダウンをできるようになるまでに何年も厳しい練習を積み重ねてきた選手の忍耐力を褒め称えたり、個人がその目標を達成する援助をするために対戦した2つの学校が提供した機会として祝福することは可能である。